2011年01月30日

大阪府知事賞受賞しました

昨年10月に開催の「第56回表具内装工芸展」 に出品した
八上幸正製作の屏風が知事賞を受賞しました


黒と白.jpg 黒と白の裏.jpg

作品製作のコンセプト 
 お客様から24uほどの板張りのワンルームのオフィスに、手前は床に座布団を敷いての接客スペースとして、奥に事務机を置き倉庫としても使用するので何か良い目隠しになる「仕切」が欲しいと相談を受けました。そこで、自在に置き位置を変えられ、不要な時は仕舞うこともでき、インテリアにもなる屏風を作ることを提案しました。 
 どのようなデザインにするかは全て任されましたが、依頼者の方は「炭」と「ホタテ」の塗料を販売されているので、せっかくならとその黒と白の塗料を利用することに・・・   それで、この塗料の水滴を屏風画面に勢いよくぶつけて、飛び散ってできる黒と白のしぶきで、偶然にまかせて模様をつけました。部屋の雰囲気にマッチさせながら、訪れた人に強烈な印象を与え、依頼者の会社の商品アピールができるものをと考え製作しました。
 裏面は、表とは逆に、4種類の色の織物襖紙を使って、色、寸法バランスを計算しながらシックな縦縞模様をデザインし、落ち着いたスペースを演出できるようにしました。

屏風の紙は、表側−裏肌ワラ入紙 、裏側−高級織物襖紙(いずみ802、805、806)   紀州備長炭ふすま紙(白い方)を、屏風椽は桧木地椽を使用

 炭の塗料の商品名「備長くろべえ」 (水性塗料、一般建築用) ・ ホタテ貝殻塗料の商品名「ホタテを塗る」 (水性塗料、一般建築用)
ちなみに、炭、ほたて貝殻共に空気中の有害物質を吸着、分解、脱臭の効果があります。



事務所奥.jpg  事務所手前.jpg  黒と白のパーティション.jpg  炭創.jpg
知事賞56.jpg

--------------------------------------------------
表具のことなら 八上松竹堂 へ
厚生労働省認定一級技能士の店
http://www.yagami-scd.com

古書画修復|襖新調・張替え|障子新調・張替え|
掛軸|額装|巻物|屏風(びょうぶ)|壁装|

TEL:072-285-0444
大阪府堺市東区日置荘西町 3-16-6
--------------------------------------------------



posted by やがみ at 00:52| Comment(1) | 施工例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
受賞おめでとうございます☆
新しい年のすばらしいスタートですね♪
あとになりましたが
早々のお年賀をありがとうございました<(_ _)>

お話は戻りますが…
屏風の作品に。。。
わたし すごく 感動しました☆

きっと実物を拝見した際には
鳥肌がたちそう(写真だけでも奮えます)
夢みている個展の際にはぜひ
お力添えをお願いします<(_ _)>

夢を夢で終わらせないよう
前進の気持ちがまたでてきました(^^)v

先日色紙の作品依頼があったのですが
色紙ではうまく表現しきれず
表具をお願いしようかと迷っています
作品を見ていただいて相談にのって
いただければ有難いのですが…

またぜひいろいろご指導ください♪



Posted by ほうせい at 2011年02月07日 23:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。