2011年06月08日

郵便局から依頼の額、施工例

 ここに来たらみんな元気になる 世界一 愛ある郵便局 

を目指している堺菩提郵便局から書作品の額装の依頼を受けました。
局内の入口近くの壁にお客様にも見てもらえるように掛けるということで、どのような額にするかは全くおまかせ頂きました。

郵便局額.jpg

明るく楽しいイメージの額を心がけ、書体も前衛的でリズミカルなのでポップな額縁を選び、ポストカラーの赤の紙マットを使うことにしました。書体と額縁にも合っていると思います。本紙作品は裏打ちの後、周囲にパンチ穴をあけ切手のようにして、ベースのマットから浮き上がるように貼りました。

郵便局1.jpg  郵便局2.jpg

面白い、目を引く額ができたと思います。
堺菩提郵便局の皆様からも、見違えるようにとても良くなったと喜んで頂きました。
ありがとうございました。

--------------------------------------------------
表具のことなら 八上松竹堂 へ
厚生労働省認定一級技能士の店
http://www.yagami-scd.com

古書画修復|襖新調・張替え|障子新調・張替え|
掛軸|額装|巻物|屏風(びょうぶ)|壁装|

TEL:072-285-0444
大阪府堺市東区日置荘西町 3-16-6
--------------------------------------------------

 


posted by やがみ at 00:34| Comment(0) | 施工例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。